ワインセラーについて 白金ワインセラー ワインセラー通信販売 ワインセラーのある生活 結婚式・ブライダルに使える誕生年のワイン

商品一覧  会社概要   メール  サイトマップ

白金ワインセラー
 
初めましての方へ
商品一覧
商品案内
ご利用案内
ワインセラーについて
お客様の声
会社概要

白金ワインセラー
〒108-0071 東京都港区白金台2-7-1

メール お問合わせは にて承ります

白金ワインセラー > ワインセラーについて

ワインセラーについて
> @冷却方式について
> A温度管理について
> B加湿機能について

ワインセラーについて

  @冷却方式について
  ペルチェ式、コンプレッサー式、アンモニア熱吸収式の違い
 

設置場所の環境や使用する方によって感じ方が大きく異なりますが、冷却方式の違いが、音や振動に影響を与える大きな要因となっています。

中型〜大型セラーに多く見られるコンプレッサー方式のワインセラーは、他の冷却方式に比べ、多少音が大きく感じられるかもしれません。また、庫内にファンを装備しているものですと、多少振動も生じます。
ただ、この振動自体は僅かなものですので、ワインの熟成に影響を与えるものではありません。

比べてペルチェ方式やアンモニア熱吸収式の冷却方式は音や振動が少ないのが特徴です。特にアンモニア熱吸収式に場合、 とにかく、無音に近い状態で冷却を維持します。 音に敏感な方、寝室等の静かな場所に置く場合はこちらをお勧めします。

このページ ワインセラーについて のトップに戻る↑
  A温度管理について
  デジタル式とダイアル式の違い
  温度設定がアナログ式と記載のワインセラーには、デジタル温度表示がございませんので、ご自分で温度計をご購入頂き、ダイアル式の調整ねじで温度を上げ下げしていただだく必要がございます。
  温度帯について
庫内1温度型、庫内2温度型、庫内多温度自動調整型
   

セラーにより、2つ別々の温度を設定出来る「二重温度設定可能」な機種もあり、またセラーの温度を一定化せず、敢えて上下に温度差を持った「温度差自動調整タイプ」があります。

例えば、LGの81本は、二つの温度設定が可能です。上段に赤ワイン、下段に白ワイン、と言ったように、上段下段で分けて収納出来ます。

シャンブレアには、庫内温度一定と温度差自動調整タイプがございまして、温度差自動調整タイプは、庫内の「冷たい空気は下に降りる」原理を利用してあえてファンをつけておらず、6つのゾーンで適温をキープするようになっているため、一番下から6度(スパークリング他)、8度(軽白・ロゼ)、10度(白)、12度(軽赤・コク白)、15度(若コク赤)、18度(熟成赤ワイン)のゾーンに合わせて収納が可能です。

これらはセラーから直に適温でサーブ出来る為、レストランやホテル等の業務店に人気です。

  ヒーター機能について
   
このページ ワインセラーについて のトップに戻る↑
  B加湿機能について
  加湿機能の違いとメンテナンスの必要性
 

ワインセラーの機種により加湿機能は様々で、庫内湿度にも差があります。

機能的に、フォルスタージャパンのロングフレッシュシリーズが持つ独自の加湿循環方式は、外気の新鮮な空気中の水分を庫内に取り入れることにより湿度を保持しており、優れています。

特に湿度管理機能はついていないものは、庫内奥の壁を冷やし結露させることで湿度を保持しています。

冬場の乾燥時期等は特に、付属している加湿トレイ(ない場合はカップなどの容器)に水を入れ、その水を自然蒸発させて湿度を調整して下さい。


 

このページ ワインセラーについて のトップに戻る↑

白金ワインセラー トップページに戻る→

初めましての方へ →
ご利用案内 →
会社概要 →
お客様の声 →




Copyright (C) 2008 Shirokane Wine-cellar Corporation. All Rights Reserved.